150年前の科学誌『NATURE』には

何が書かれていたの

 

150年前の科学誌から、現代を読み解く。

 

世界で最も有力な科学誌の一つ、イギリスの科学雑誌『ネイチャー』(NATURE)が、今年創刊150年を迎えます。ノーベル賞はじめ多くの有名な論文を掲載してきたネイチャーは、日本がようやく戊辰戦争を終えた1869年に創刊されました。

創始者のアマチュア天文家、ノーマン・ロッキャーはじめ、ネイチャーに関わった人々は、その後30年間赤字が続く中でも、強烈な使命感と、読者のあふれる好奇心に支えられながら刊行を続けました。いったい、150年前のネイチャーには何が書かれていたのか?ダーウィンも活用した「SNSの原点」、日本愛あふれる科学者、女性科学者の苦悩と希望、科学誌が見た明治日本の姿とは?「志」、そして「友情」が育んだ希望とは。

初期「ネイチャー」から現代、そして未来を読み解くヒントを探る、知的冒険の一冊です。

 

ISBN 978-4-86064-575-5

定価1,500円+税

2019年7月10日発売

発行:ベレ出版

 

 
Please reload

著作紹介
Please reload

TODAY'S PICTURE

 この日、雨上がりにやってきたのは、日本で2番目に小さな野鳥、エナガです。

 ピピッ、ピピッ、と笛のような澄んだ声でおしゃべりしながら、枝から枝へと飛び移ります。ふわふわしたぬいぐるみのような体に、ピンと長くのびた尾羽。名前の由来が「柄長」だというのにも納得。

 

 

雨上がりのエナガ
A long-tailed tit(Aegithalos caudatus
Ota Tokyo 4 Sep. 2017

 

 

 
Please reload

SCIENCE JOURNALIST & WRITER

瀧澤美奈子

MINAKO TAKIZAWA

  • Facebook Classic

最新の情報は、Facebookをご覧ください。

Copyright © 2016 Minako Takizawa All Rights Reserved.